PROFILE

the fascinations(ザ ファッシネーションズ)

渡辺雅美(vib)、則岡徹(p)、塩川俊彦(g)、西川てるまさ(b)川島佑介(d)、の新世代ジャズ・バンド。

フランスが産んだ吟遊詩人ピエール・バルーが参加した2ndアルバム『the fascinations』(04年)が国内クラブジャズ・シーンで大いなる賛辞を受け、同アルバム収録曲が小林径氏、須永辰緒氏のMIX CDに収録されたことでも話題をさらった。また、アナログでシングルカットされた「fascinated groove」は驚異的なセールスを記録した。
同アルバムと前後してバンマス渡辺雅美がアメリカ・ブルーノート65周年記念コンピレーションアルバムにアシスタント・ディレクターとして起用される。
06年 3rdアルバム『color code』をリリース。07年2月にはヴィレッジヴァンガード限定ミニ・アルバムをリリース。
また、ピエール・バルー9年ぶりのオリジナル・アルバム『Daltonien』(仏Saravah)への参加や、伊レーベルCool D:Visionのコンピレーション『Paris』、国内の人気コンピ『Colours of Groove V』、さらには小林径氏監修の『Routine Jazz Presents "Nouvelle Vague"』への参加などなど、国内外のジャズ及びクラブシーンで熱い注目を集める。
2013年末、4年半振りにニュー・アルバム『green in blue』を発表。再スタートをきった。





渡辺雅美 vibraphone
東京都出身。マリンバ、ヴィブラフォンの日本における第一人者である渡辺義章の長男として生を受ける。幼少よりクラシックを学び、武蔵野音楽学院にてジャズ・ヴァイブ、作曲法、和声学、ジャズ理論、アドリブ理論を大井貴司氏、浜田均氏に師事。00年、ポリスター・レコード1970スタジオでレコーディング・セッションを開始。02年、ファシネイションズとしてデビュー・アルバム『Soulful Strut』(polystar)を発表。03年、ハピネス・レコーズ『Tokyo Bossa Nova』に参加。04年、2ndアルバム『the fascinations』をリリース。ブルーノート65周年コンピに小林径氏のアシスタント・プロデューサーとして参加。須永辰緒氏のMIX CD『WORLD STANDARD 04』に「fascinated groove」が収録される。05年 小林径氏のMIX CD『routin jazz vol.6』に「fascinated blues」が収録。06年、3rdアルバム『color code』をリリース。07年 ヴィレッジヴァンガード限定ミニアルバム『my funny vibraphone』をリリース。3rd収録の「Lovin' You」が人気コンピ『Colours of Groove V』と、HMV特典CD『PLAYLIST 8』に収録される。現在日本におけるヴィブラフォン奏者としての地位を確立しつつある。 



則岡 徹 piano
6歳からクラシックピアノを始める。米国バークリー音楽院でジャズピアノの演奏と作曲を学ぶ。レイ・サンティシ、エド・べドナー氏らに師事する。在学中のバンド活動では、アメリカ国内はのみならず、フランスへも遠征。MAGNA CUMLAUDE (優秀賞)を得て卒業し、帰国後は自身のピアノトリオの他、様々な編成での音楽活動を続けている。Arrested Development のリーダーである Speech や、リッチー・コール(As)、ビル・ワトラス(Tb)とも共演。その力強く、時に繊細なタッチからは、寡黙な人物像とは裏腹に多くの言葉が聞こえて来る。ファシネイションズには2006年より参加。


塩川俊彦 guitar
的確なアプローチと叙情的なソロ、オーソドックスなスタイルを守りつつも常に新しい切り口でのインタープレイを得意とする。角田忠雄氏にジャズギターを師事。都内ライブハウスやストリートなど数多くのセッションで、多くのミュージシャンと交流を重ねる。スタンダードなジャズギターとしてのライブ活動を基調としながらも、幅広い音楽性に対応し数々のバンドにサポート参加。近年は、TOKU(vocal,flugelhorn)グループ、益田英生(clarinet)グループ、その他多くのジャズのセッション、レコーディングに参加。関東地方のライブハウスを中心に活動しながら、自己の音楽世界の探求を続けている。1975年 長野県小諸市生まれ。
塩川俊彦のホームページ


西川てるまさ bass

中学3年からエレキ・ベースを始め、大学でジャズ研に入部しジャズを演奏し始める。その後4年生の時にウッド・ベースを始め、斎藤輝彦、桜井郁雄両氏に師事。1994年、村上寛(ds)グループで本格的に活動を開始する。橋爪亮督(ts)、かみむら泰一(ts)、市野元彦(g)などのコンテンポラリーなミュージシャンやブラジリアンミュージックの菊丘ひろみ(vo)、その他様々なバンド、セッションで活躍。2007年よりクラブジャズバンド『The Fascinations』に加入、2枚のアルバムに参加、現在も活動中。
西川輝正のブログ